セフレのお小遣いルール

出会い系サイトでセフレ探しですが、異質とされているだけあって面白い報酬システムがあります。
それは、「お小遣い」です。
お小遣いと聞くと、子供時代を思い出してしまいますが・・・出会い系サイトでセフレ探しにおいては、結構な額になるので馬鹿にでききません。
ものによっては1万円以上が今だから話せるセフレの体験談と成功テクニック WWW.ASSURANCES-2A.COM1回のデートで発生したりする事もあります。
また、そのような場合には出会い系サイトでセフレ探しにおいても、相手が「契約をして欲しい」と言ってくる事で成立していますので、メールなどで契約について書かれているものが届いた際には、その契約内容を履行できそうか考えてみると良いでしょう。
まず、どうしてこのような報酬システムがあるのか?と言うと、出会い系サイトでセフレ探しをしている人の多くは、中年以上の女性だからです。
若い人しかいない出会い系サイトでセフレ探しをしていると、金銭的に余裕のない若い人同士なので、セックスの相性で相手を見つける事が多いでしょう。
ですが、中年女性が多く利用しているとされている出会い系サイトでセフレ探しをしてみると、相手のプロフィールなどにも「1万円までならお支払いできます。」のようなコメントがあったりします。
これが、相手との契約条件となってくるのです。




出会いの場におけるNG編

●NG1 男尊女卑的な発言
イマドキいるわけがないだろうと思っていると、古新間の束の間からゴソゴソ這い出てくるのが、「男尊女卑勘違い発言オトコ」。「だいたい女はね〜」などの言葉とともに、時代錯誤も甚だしい差別発言をするのである。
しかも救いがたいのは、こういうヤツに限って「それが男らしい」と勘違いしていること。必要以上に「フェミニスト」になる必要はないけれど、男女平等は基本中の基本だ。
●NG2 ファツションセンス
確かにこのところ「アキバ系」などの個性的なファッションも、前よりは受け入れられるようになってきたが、「積極的」に認められたわけではない。
仮にキミの「正体」がそうだったとしても、出会いの場ではNGだ。だからといって、「バリバリ・シブヤ系」も敬遠される。ボロボロで薄汚れたジーンズを目いっぱいズリ下げて登場されたら、引かれるのがオチだろう。当然、スエットの上下は許されない。ジーンズに革靴も、イマドキいないだろう。
外見の第一印象は、失敗したときのダメージが大きいわりに、成功したときの効果はあまりないのだ。
●NG3 清潔感
外見でもっとも重要なのは、清潔感。髪の毛が脂ぎっていたり、フケが出ているなんて言語道断。爪は短く切っておこう。女の子は爪の汚いオトコとは絶対につき合いたいとは思わないのだ。
それからニオイにも敏感になろう。とはいっても、コロンなどの強すぎるものはNG。さりげない石けんの香りなどで十分だ。
とくにヘビースモーカーのキミは、衣服についたヤニ臭さや口臭にも注意を。
●NG4 タバコの限い方
吸ってはいけない、とまでは言わない。ただし、吸い方には注意が必要。レストランなど「食事がメイン」の場所では基本的に吸わない。居酒屋など「お酒が中心」なら吸ってもかまわない。
ただし、周りの仲間に「吸ってもいいかな?」と、ひと言断る気遣いを忘れずに。
また、歩きタバコもNG。吸い殻をそこらへんにポイ捨てするのは問題外だ。逆に、彼女がそんなことをしたら、「ダメだよ」と、きちんとたしなめられるぐらいになろう。
●NG5 自慢話
もっとも嫌われる話題が、学歴、収入、家柄などの自慢話。
「いちおう…早稲田」とか、「たいしたことないよ、年収1000万ちょっとだし」などと、控えめに言えば言うほどイヤミ度が増すので、嫌われたいと思う人はぜひ試してみては?「自分がいかにモテたか」や「昔は悪かった話」(只つまらない理由で)警察につかまって留置場に入れられたときの武勇伝」なども、女の子が聞きたくない話題だ。
●NG6 いきなリボディタツチ
居酒屋で、無意識のうちになれなれしく女性に触ってしまうことがある。女の子の肩や髪にゴミがついていても、いきなりとってあげるのはNG。トイレから帰ってきて女の子の後ろを通るときに「こってるねえ」と言って肩をもむのもダメ。
それから「手相、見てあげるよ」と言いながら手を触るもわざとらしい。「スキンシップ」って西洋では常識だよね、と言いながら、その手がじっとりと汗ばんでいるのはいったいどういうわけだ?
簡単出会い なら